バックナンバー | 臨床医薬研究協会
臨床医薬
『臨床医薬』について
最新号
バックナンバー
投稿に関するご案内
転載許諾について
書籍
バックナンバー

 

直近3ヶ月以前のバックナンバーはこちらから → 医学文献検索メディカルオンライン

紙媒体のままご購入をご希望の場合、こちらからお申し込みください。→ お問い合わせ

 

『臨床医薬』vol.34 no.6
臨床医薬 vol.34 no.6

●総説

 

欧米各国における臨床研究の登録・公開および利益相反管理
-英国,フランス,ドイツ,オランダおよび米国の各国法令-

 

佐藤  元,他

 

臨床試験情報の公開にかかる法制度
-臨床試験の結果公開にかかる日米欧の法令および判例-

 

近藤 純一,他

 

●原著

 

免疫チェックポイント阻害薬と関連する重症の皮疹および粘膜疹の検討と,多職種による皮膚障害発現抑止を企図した早期介入システム構築の試行
-第5回 皮膚科・腫瘍内科有志コンセンサス会議の報告-

 

里内美弥子,他

 

脳卒中由来の痙縮に対するバクロフェン髄注療法の有用性の検討
-使用成績調査の層別解析結果-

 

山口 広貴,他

 

八幡病院における外用爪白癬治療剤の使用経験
-治療効果-爪甲混濁率の推移の検討-

 

前田  学

 

『臨床医薬』vol.34 no.5
臨床医薬 vol.34 no.5

●第14回DIA日本年会

 

患者さんにとって価値ある医療を生み出すために
-人工知能(AI)やビッグデータの有効利用と次世代への期待-
 催不整脈リスク評価の最新動向

 

iPS 細胞を用いた in vitro TQT 試験の可能性

 

篠澤 忠紘

 

催不整脈リスク評価における早期・探索的臨床試験の役割

 

深瀬 広幸

 

薬物濃度-反応モデルを利用した QT 延長リスク評価の日本での実施について

 

品川  香

 

薬物濃度-反応モデルを利用した QT 延長リスク評価-モデル解析について-

 

落合 義徳

 

 

●金沢大学特別企画ワークショップ

 

健康寿命増進を実現できる未来医療の在り方を考える
-文部科学省プロジェクト「未来医療研究人材養成拠点形成事業」より見えてくる新たな戦略・アプローチ-

 

緒 言

 

大竹 茂樹

 

メディカル・イノベーションコース- 5年間の実績とその将来

 

絹谷 清剛

 

群馬大学における「地域オープン・イノベーションR&D人材養成」事業の展開

 

西山 正彦

 

東京大学における未来医療研究人材養成拠点形成事業
-テーマA の実績と今後の展開について-

 

加藤 益弘

 

金沢大学における未来医療研究人材養成拠点形成事業のプログラムを受講して

 

安田恵理子

 

未来医療研究人材養成拠点形成事業から健康寿命延伸へむけての取り組み

 

米田  隆

 

まとめ

 

今井 康人

 

Errata

『臨床医薬』vol.34 no.4
臨床医薬 vol.34 no.4

●原著

 

ジェネリック医薬品

 

健康成人男性におけるイルアミクス配合錠HD「オーハラ」の生物学的同等性試験

 

生島 一平,他

 

健康成人男性におけるイルベサルタンOD錠100mg「オーハラ」およびイルベサルタンOD錠200mg「オーハラ」の生物学的同等性試験

 

矢澤 利枝,他

 

健康成人男性におけるオルメサルタンOD錠40mg「オーハラ」の生物学的同等性試験

 

松隈 京子,他